健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

花粉症となった以来、乳酸菌を取り入れるようにしまし

花粉症となった以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。二年前から花粉症を発症し、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。

でも薬を利用するのは避けたいことだったので、テレビにて紹介していた乳酸菌サプリを使ってみました。

現在のところ、これにより花粉症の症状を抑えられています。腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でもわかっています。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効き目が出ないのではという予想の人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、身体の健康づくりになってくれるのです。

私が便秘になったのはなぜかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。

通勤も毎日車なので、歩く事もほとんどないのです。ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。そういった理由で、私は便秘になったのだと思うのです。まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。

オリゴ糖を添加された乳酸菌の活動は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらもお腹の機能増進や健康の維持には欠かしてはならない重要な成分であるといえます。

娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったところのことでした。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に具合が良くなってくれません。結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

だいたい1~5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといったものに感染をし、熱を出した後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事を抜いてはなりません。

薬ももちろん重要ですが、栄養補給も大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。

食事がしたくなくても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り食べてください。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が実体験したのは、たくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。1日につき1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、可能な限り摂取すると効果アリです。

実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。しかしながら、このIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、過剰反応となり、アレルギーが起こることになるのです。アトピーを起こす原因とされていますが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品といわれています。頑固な便秘の人は、便が固く腸内に滞留した状態に至っています。この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。

実はおならが臭いをもたらす原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。

なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ役割をする、乳酸菌を継続して摂取ことにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。

アトピーの治療には食事も効果的です。

アトピーに対して効果がある食事を心がけることで綺麗な皮膚へと生まれかわることができると言われています。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を強める成分としてヨーグルトならびに大豆食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーの改善に効き目があります。乳児がインフルエンザになったら、はなはだ大変なことに至ります。まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも可能性が有るでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを連れださない方が確実かもしれません。

この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが明らかになってきました。アトピーの起因となるものは様々ですが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって誘因されることもあります。

多数のアトピー患者は腸の状態が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることがアトピーを治す第一歩となります。

アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。もちろん、必ず医師の指示の下で正しく使用するということが不可欠です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、セカンドオピニオンを役立てるといいでしょう。

独りよがりの判断はよいことではありません。

次へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén