健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

決まったものがありません。それを参考にして摂ってみ

決まったものがありません。それを参考にして摂ってみて下さい。その日の摂取量を一回にして摂る場合より、飲む回数を数回にした方が、わたしの母は重度のアトピー患者です。

遺伝していたようで、私もアトピー症状が出始めました。

皮膚がボロボロになって、毎日保湿を欠かすことができません。

スキンケアをきちんとしないと、外出も厳しいのです。母を憎むつもりはないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、恐ろしくなります。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、約40℃に上がって健康状態が悪かったので、次の日に病院に行きました。先生はインフルエンザの検査が可能ですよとすすめられました。

万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、チェックしたいと念じました。

一般的に便秘に効く食物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品等です。

しつこい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態に到達しています。

この状態を消えさせて、便を出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。

便秘に苦しんでいたのですが、今ではだんだん改善されてきています。便秘改善に効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日食べるようにしたのです。毎日食べているうちに、だんだん良くなってきて、便秘をすることがなくなりました。

腸内の環境を整えておくと美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品みたいです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。

何となくちょっと恥ずかしい気持ちです。

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。

膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に具合が良くなってくれません。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは周知の事実です。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃で死滅して効果はあまり期待できないのではというふうに思っている人もいます。でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、ひいては体の健康増進に大変効果的です。

毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私はすこぶる健康になりました。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘に悩むことなくいられます。乳酸菌を取り入れるようになってから、肌の方も調子がよくなってきて、体重も減ったのでした。

アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が低くくなっています。これを補足して健康に近づけるには、保水保湿が大変大事です。

そのために、お肌の表面を守って、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使用しなければならないのです。

乳酸菌シロタ株と言ったら、何といってもヤクルトです。

過去に白血病にかかり、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMをよく目にします。

すっかり白血病を完治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、高い効果が期待できそうな期待がもてます。

インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など少々違いが見られます。時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、恐れるに匹敵する感染症です。

乳酸菌には多くの効果があるようですが、特に整腸作用に効き目があるといわれています。

腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発になり体の中に停滞していた便が出されやすくなります。

その為、便秘や下痢になりにくくなります。乳酸菌を毎日取り入れることにより整腸効果が高まります。アトピー性皮膚炎は非常にキツイ症状になります。季節を問わず一年中痒みとの根くらべになります。夏は汗のせいでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、改善できることもあるといいます。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が生まれます。

数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギー発生につながっていきます。

これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén