健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトしかありません

乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトしかありません。昔、白血病になり病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで引く手あまたの渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、とても効果が期待できそうな予感がします。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、痛々しい姿でした。ありとあらゆる治療法を試しても、効果が出なかったばかりか、別の場所に引っ越したところ、信じられないくらい肌がキレイになり、痒みも消えました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効くかもしれません。

何日も大きい方が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭が感じられるようになります。いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を通過していらないものを取り除こうとし、口臭として現れるのです。この場合、便がでるようになると、口臭もあわせて改善されると言われています。娘がアトピーだと発覚したのは、2歳を迎えた頃です。

かゆみがしょっちゅうあり、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

お腹が便で膨れて苦しんだ事って永い人生のうちに必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。便秘に効果的な薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖で改善しています。

お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザというものに感染し、発熱してしまった後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもありえます。私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、何てったってビオフェルミンです。

まだ小さかった頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、決まって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンとなります。この前、インフルエンザになって病院を受診しました。どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつったのだろうと考えています。高熱が3日間も続いて辛い3日間でした。

高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

私はアトピーに最適な化粧水を使い続けています。友人からすすめられた化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを想像以上にきれいに治癒してくれたのです。毎日鏡を覗くのが、楽しみで仕方なくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを感じています。身体に乳酸菌が良いことはわりと知られた事実ですが、一方で効かないという説もあります。

これについても事実かもしれません。

それは、個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効果の出るお薬ではないからです。自分に合うものかどうか試してから判断するべきです。

例えば、乳酸菌の選択方法としては、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試すことがオススメです。

このごろは、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリとも販売されています。私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にした時、次の日、トイレから出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。

便秘のツボでよく知られているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに存在する天枢(てんすう)です。

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。色々なタイプの便秘によっても、効果があるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと効果がでやすいでしょう。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でもわかっています。でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという考えを持つ人もいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、ひいては体の健康増進にとても効果的です。

知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても別に副作用といったものはありません。しかしながらそうは言いますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのオーバーすることはありますよね。

消化し吸収できる量には限界があるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと大丈夫でしょう。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、とりわけ、整腸作用に良く効くということです。

お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸内が活発になり体内に溜まっていた便が出されやすくなります。その為、便秘や下痢になりにくくなります。

日々、乳酸菌を取り入れることで整腸効果が高くなると考えられています。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén