健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛ましい見た目でした。いろいろな治療法を施してみても、全く効果が得られなかったのに、別の場所に引っ越したところ、信じられないくらい肌がキレイになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る力があるらしいです。そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとされているのですね。

このごろは、いろんな感染症の話を耳にするので、意識して摂取するといいのかもしれません。おなかの環境を正しく整えると美肌になると聞いて、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

照れくさいです。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特に副作用はありません。しかしながらそうは言いますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリーがオーバーする可能性もあります。

消化吸収できる量にも限界というものがあるので、常識的な範囲を守っておくと確実でしょう。

もし、インフルエンザと診断されたら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。お薬ももちろん大事ですが、栄養補給も大切です。

一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。近年は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。年を追うごとに予防注射をする人も増えていますが、都市部では結構な数の人数が発症しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、多数と接触する場所で感染することが考えられます。乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは周知の事実です。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効き目が出ないのではという考えを持つ人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、それが身体の健康づくりに大変効果的です。

乳酸菌が身体に良いものだということはわりと知られている事実ですが、一方で効き目のない説もあります。

この説も事実かもしれません。どうしてかというと、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効果の出るお薬ではないからです。

まず、合うかを試してから考えてみてください。

ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。

当然ながら、必ず医師の指導の下できちんと使用するということが重要です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。

独りよがりの判断は良い結果をもたらしません。主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザ感染し、熱を出した後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復した後に後遺症の残ることもございます。

この数年、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが見つかってきました。

引き起こすものはいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。

アトピー患者の大体は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることがアトピーを治す第一歩となります。

日々摂取している乳酸菌のおかげで、私の体はとっても健康的に過ごしていくことが出来るようになりました。毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘知らずでいることができます。乳酸菌を摂ることにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、体重も減ったのでした。

今、インフルエンザの感染がわかると学校の出席が5日間できなくなります。インフルエンザに感染した際でも、2、3日で発熱は治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。熱がすっかり下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には必要なことです。

夜中に熱が上がって、約40℃に上がって体調が悪かったので、翌日受受診しました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよと確認なさいました。私も、もしかして、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、チェックしたいと考えました。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に伺いました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見てうたれています。予防接種終了後は怖い!と伝えていました。

もっと怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén