健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

便秘に良い食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食品とい

便秘に良い食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食品といわれています。

大変な便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に落ち着いています。とにかくこの状態をなくして、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザに感染をし、熱が出た後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症が残ってしまうこともありうるのです。

乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康に繋がっていくのです。ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

もちろん、必ず医師の指示の下で正しく用いるということが大事です。

もし、異なる治療方法や薬を試したい時には、医師とよく話し合うか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。

自分だけで判断することは良い結果につながりません。

決まった用法がないのです。

商品のパッケージには適量と回数が、指示が書いてあるところがありますから、それが参考になるでしょう。

摂取するのに比べて、身体のすみずみまで届くということから効果が上がります。昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところにある天枢(てんすう)というツボです。

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘の種類によっても、効くツボが違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

インフルエンザに感染したことが判明すると学校に出席することが5日間できなくなります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、2、3日で発熱は治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、体内にウィルスはまだ残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。

なので、出席停止の期間を守ることが集団感染しないためには重要なことです。

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。

いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことなのだそうです。これは世間での常識ですか?今まで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。

身体に乳酸菌が良いことはわりと知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。この説も事実かもしれません。

なぜかというと、体質には個人差というものがあるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから考えてください。

インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。

その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

しかし、肺炎をおこしたり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、恐れるに匹敵する感染症です。便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌入りのサプリです。おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、中々、乳酸菌が入った飲み物が苦手だという人も多々居ます。

しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を食べ続けるのは大変です。

それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと乳酸菌をとりいれることができますから、便秘がよくなります。私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、まだ2歳のときでした。かゆみがしょっちゅうあり、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみを繰り返し起こし、まったく良くなってくれませんでした。結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、きわめて大変なことに達します。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも想定できるでしょう。

ですから、インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が確実かもしれません。乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はすこぶる健康になることができたのでした。一日が始まる朝には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。

ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。

乳酸菌を摂ることにしてから、お肌の調子も良くなって、ダイエットにもなりました。

アトピーに大変よい化粧水を使い続けています。

知り合いから紹介された化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを想像以上にきれいに消してくれたのです。

朝晩鏡を見るのが、嬉しくなりました。手で顔を触る度に素肌がサラサラしていることを実感しています。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén