健康爽やか家族の陰謀

健康に気遣いながら日々過ごしている一家の闇の部分を暴きます。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で天枢(てんすう)が有名です。また、おへその下5cmくらいのところに存在するふっけつというツボも良いと思います。

手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。

便秘のタイプそれぞれによっても、効果的なツボが異なるので、ピッタリのツボを押すと効果がでやすいでしょう。内臓の調子をしっかり整えておくと美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品らしいのです。

「乳」というその名の通り、乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。

これはちょっと恥ずかしい思いです。花粉症になって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。二年前から花粉症を発症し、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。薬に頼るのはしたくなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを飲んでみました。今は、これで花粉症はだいぶましになってます。

インフルエンザにかかってしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂取しないといけません。

お薬ももちろん大事ですが、何より栄養を補給することも重要です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養があるものを可能な限り食べてください。運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、身体の不調も引き起こします。

中でも女性に多い症状としては便秘なのです。これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが最適です。可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回は歩いたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。

乳児がインフルエンザになったら、最も大変なことに至ります。まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで天国にいくことも無きにしも非ずでしょう。インフルエンザが蔓延している時には、絶対に外出させない方が正しいかもしれません。

以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

効果があった対策は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私もヨーグルトを買いに行って毎日食べるようにしたのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘をすることがなくなりました。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。屁による臭いの元は腸の悪玉菌によるものだとされています。

というわけで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増殖を防止する能力のある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭いを和らげることができます。私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛々しい姿でした。様々な治療法をやっても、効果が出なかったばかりか、住居を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みも消えました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといったものに感染をし、熱を出した後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症というものになります。インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症が残ってしまう場合もございます。一般的な乳製品でなくても、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ探してみたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。みなさんはこの事を知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、知らなかった事実を発見です。お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。私も経験者の一人で、酷いと一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。

便秘に効く薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を飲んでいます。

お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。

近年は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。年々予防注射で予防する人も増えていますが、都市部では結構な数の人数が発症しています。

感染経路は多種多様だと思いますが、電車や街中、仕事場など、多数と接触する場所で感染することが考えられます。私には乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

小さい頃から知られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、たえず私のお腹を労わり続けてくれました。「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなるのです。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

どんなものでもそうですが、少し使用してみないと効果が分からないものです。

その入浴剤は皮膚によく馴染んで、自分に合う感じでした。痛みを感じることもありませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、水分をよく保ちます。

前へ 投稿

© 2018 健康爽やか家族の陰謀

テーマの著者 Anders Norén